レポートの悪影響

E科B2のCherryです。

この記事はぐらぽむAdvent Calendar 2016の24日目の記事です。
私はブログをやっていないのでMCCのブログでAdvent Calendarに参加させていただきます。

後期にあった出来事を書こうと思います。

・失態
1.学内でスマホを落とす

これはコートのポケットにスマホを入れて歩いていた時のことです。
ティッシュ配りの人とピアノ部の演奏会のチラシ配りの人からほぼ同時に配布物を受け取ってしまい、スマホが入っているポケットに入れてしまいました。

反動?でスマホが落ちてしまい、それに気づかずに歩いていてあとで友人にも探してもらう羽目になりました。

結局誰かが拾ってくれたのか、生協の3Dプリンターの近くにありました。

2.変換ミスの多発

「そうだね…。」→「そうだね電気力線」

「5時起き」→「5磁おき」

「中間テスト」→「中間バイト」

「ハイパス」→「バイパス」

後期に入ってから上に挙げた変換ミスを多発するようになりました。今まではてにをはの変換ミスくらいで友人にメッセージを送る前に気づいて修正していたのですが、最近送ってから気づいてしまいます…。

・中間試験

レポートを仕上げるのが遅すぎて中間試験の対策があまりできませんでした。
しかし、私なりに授業を聞いていたので授業中寝ている人や内職している人よりはましな点数を取るだろうと思っていたら私の得点の方が悪かったです。

テスト前はきちんと勉強したつもりなのですが、勉強の仕方が悪かったのと自分が試験に出題されそうだと思ったところが出されず、苦手なところや予想していなかった箇所が出題され、得点を得ることができませんでした。

今回受けた中間試験で一番納得いかなかったのは金曜4限の科目でした。

昨日解答用紙が返却されたのですが、どうしても納得できない採点方法と返却方法でした。

氷2molを1atmで77Kから200℃まで昇温したときのエントロピー変化を求める問題で、最初は2mol分のエントロピー変化を計算していたのですが、なぜか後で1mol分のエントロピー変化に変更してしまったのです。

先生は計算過程があっていても最後の計算があっていなければ1点も与えないと明言されていたので私の解答は20点中0点でした。

しかし、一部分だけ2倍していた友人は「本当は間違っていますが…」とのコメント付きで20点分丸々もらっていたのです。

最終的な答えもあっていないと1点も与えないと言っていたのにどういうことなのでしょう??

一部分だけ2倍して20点分もらった友人の1人は
毎授業寝ているか、漫画読んでいるか、レポートやっているか、プログラミング課題を仕上げているか、他の科目の試験勉強しているか、で全く先生の話を聞いていなかったにもかかわらず100点満点を取っていました。

私とはいうといまいち授業内容を理解していないのですが、毎回先生の話は聞いている方でした。(途中で聞きながら寝てしまったときもありますが…

それにもかかわらず私は-20点でさらにカルノー図で仕事Wを描き忘れて-10点されて記述問題も私の回答では十分ではないとの指摘がありその配点分得点を引かれて(部分点はありません)、勉強した割にひどい点数を取ってしまいました。

こんなことなら最初から割り切って先生からの授業点を気にせずにレポートを書く時間にあてておけばよかったのに…。
一生懸命授業聴いてもわからない科目は自分で勉強するのが一番だということを学びました。

返却方法は先生が学籍番号と名前と得点が一目でわかるようなすべての解答用紙を机の上に置き、その解答用紙を返却希望者が探して回収する形式をとっていました。

つまり、自分の得点が他の人にもばれてしまうのです。

そんなにいい得点でなかったのにさらされるなんて…。

自分の醜態をさらしたくないので早く回収しに教室に行ったのですが、みんな考えることは同じでバーゲンセール会場みたいでした。

なかなか探しても自分のが見つからず途方に暮れていたら友人が見つけてくれました。

見つけてもらってうれしかったですが、かなしかったです。

解答用紙を返却されて私と同じように気分を害した友人はさっさと帰っていきました。

私もすぐ帰りたかったです。でも授業に出てしまいました、話聞いてもわからないのに。

だけど返却方法以上に採点方法の方に腹が立ったので友人から借りた漫画を授業中読破してやりました。

昨日借りて冬休み明けに返すことになっていたので時間短縮になりました。

今度から時間を有効活用できるよう努力しようと思いました。

来年の抱負はタイムマネジメントが出来ることです。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>