高尾山登山

M2のnyamaです.

***** 今日から文化祭です!! MCCでも工学部キャンパスで展示をしているので良かったらご覧ください!! *****

ブログの更新のことを失念していました!(土下座
9/29,私たちは突発高尾山企画に行ってきました.

ちなみに,この企画は2年前にも行われていましたので,これで2回目になります.
今回の参加者は6人でした.M2 1名,M1 2名, B3 1名, B2 2名です.

さて,この企画の目的は,”運動不足の解消”です.
日頃,パソコンと睨めっこばかりしている私たちにとって,運動不足はいつまでもついて回る問題です.
高尾山は,手軽に登れる初心者向けの山であり,私達にはうってつけの山ってわけです.

この日,13:50に集合(私と他1名は10分遅刻(土下座))し,14:00から登り始めました.
今年はあまり一般的でない稲荷山コースを経由して頂上まで登り,下りには1号路を使用しました.

稲荷山コース,思いの外登山らしいコースでした^^;
私は開始30分で息が上がってしまいました.以降は大体30分を目安に休憩をはさみ,頂上を目指しました.
道中はIngressで陣取り合戦も行われていました.

以下,登山道,展望台の画像です.
tenbo
(登山道の写真は誰かが上げてくれる)

15:40(記憶が定かでない),頂上に到達しました.以下が山頂の風景です!
ByrmFe1CQAAW03-.jpg-large
(M1めでぅーささんの投稿からパクりました><)

そういえば,ヤマノススメでも高尾山に上っていましたね!
ByrlyMSCMAAVWz5
(同上)

後,こちらはニャンコな感じですねー.
takao_neko
takao_neko02

帰りは1号路です.こちらにもヤマノススメで紹介されていた諸々がありましたね.
これとかこれとかこれとか.
Power04
Power03
Power02
Power01

さて,実は本企画にはもう1つの目的がありました.ずばり,高尾山ビアマウントです!
3500円で2時間食べ放題,ビールも飲み放題のとても魅力的なご飯でした.

こちらが晩御飯の様子です.
Meshi
Meshi02

どれもおいしかったです.個人的には釜焼きピザ,揚げナスが特に美味でした.

2時間料理を堪能した後,ケーブルカーにて下山しました(酔っ払いは徒歩での下山は控えてくださいね!).
ケーブルカー内では,ケーブルカーの仕組みについて盛り上がる辺り,流石工学部と感心していました.

駅到着後は各自解散,電車内では皆疲れていたようでした.

最後にまとめです.
本企画の目的”運動不足の解消”は,達成されたと思います.
ビアマウントでビールクズしていたら意味ないんじゃないかと思われるかもしれませんが,美味しかったのでいいんです.
飯は安らぎです.

私はM2なので来年以降は参加できないかもしれませんが,また運動不足を感じたら誰かに企画してもらいたいですね.

学祭進捗報告:suika

初めまして1年のsuikaです。
この名前、たしか一ヶ月くらい前に10秒で考えたものなのであっているか自信ないです。

さて今回、ブロック崩しを作っています。

はじめはARでも使ってみようと思いやってみましたが

・ものすごい操作性が悪い

・カメラ設置が面倒

という理由で却下したのがつい最近(夏休みからまじめにつくったのに…)。

なので次はほかの方向に捻ったブロック崩しを作っています。
(ふつうのブロック崩しになっていたら、きっと授業が忙しかったはず)

最後に11月7日(金)~11月9日(日)の3日間、東京農工大学学園祭 小金井キャンパスでMCCの展示を行います。
ぜひ12号館L1214,L1215教室にお越しください。

学祭進捗報告:わーるど

おはようございます.B2のわーるどです.
月日が流れるのは速いものですね.

さて,今回の学園祭には,AIに扮した人間が,AIのように振舞いプレイヤーと戦う,PvPのボードゲームを展示しようと考えています.
題材とするボードゲームですが,最強のAIをうたいたいので,自分が比較的得意な五目並べにしようと思っています.

kamiya_kousouimage_gakusai2014
(イラスト: http://kids.wanpug.com/ )

以上,構想の進捗報告でした.
以下実装の進捗について報告したいと思います.

以上です.

—-
農工祭が11月7日(金),8日(土),9日(日)なので,お誘い合わせの上,農学部(府中キャンパス)へ行く前に工学部(小金井キャンパス)MCCの展示を,是非12号館L1214,L1215教室へ見にいらしてください.

ICPC 2014 アジア地区東京大会

ICPCに参加した2年のモンジサンです.

10/18から10/20の三日間開催されたICPC 2014アジア地区大会(http://icpc.iisf.or.jp/2014-waseda/regional/)に参加しました.

今年度,私たちは東京農工大学から「Python && JavaScript != Java」として参戦し,成績は40チーム中20位とまずまずの出来でしたが,キリ番賞として水筒をいただきました.

以下は,この三日間の内容を書かせていただきます.

1日目
大会初日,参宮橋駅に集合しオリンピックセンターに向かい参加登録.東京で開かれる大会ですが一応アジア地区大会として海外の大学も参加しており,英語のみのやり取りとなります.
英語に苦労し、初めから大変でしたが全チーム集合し説明等の開始.英語の説明を必死に翻訳しながら,初日は大会練習とJavaChallengeを行いました.
大会練習では簡単な問題を実際のジャッジシステムを利用して動作の確認を行いました(問題は割愛).
その後行われたのがJavaChallenge(?).ハテナの理由はそのルールです.一般的に知られているJavaChallengeはJavaでゲーム等のAIを作り,答えのない戦いを繰り広げるというモノなのですが,今回行われたJavaChallengeは言語が選べる….つまりChallengeです,私は得意のJavaScriptで作りましたが考えれば考えるほど競プロと違った戦い方に惑わされ,結局ランダムという形になりました.

この後,国際交流棟に集まりバイキング形式で交流の場がありました.
この場では早稲田大学の偉い方々や協賛の方々の応援メッセージをいただきました.また,チーム紹介という名のネタ合戦も行われ終始笑いのある交流でした.

#2日目
大会2日目,アジア地区大会のメインとなる日です.この日私は寝坊しかけながら朝食を済ませ,準備をしたらさっそく大会会場に向かいました.
私たちのチームメンバーはB2の私とB3,B4の先輩の3人ですがコーダーは私のみなので、私はパソコンの前に,先輩方には問題の方に向かって準備完了.試合が始まるとパソコン内の準備を済ませA問に取り掛かりました.

A問はオーダーも大きくなくソートさえ行えばよい問題でしたが,C言語を書いたのが久しぶりな上無駄な調整やらをしていたため(言い訳)1時間近くかかってしまいました.
無事A問をWA無く通ったのを確認し,次の問題に取り掛かりました.

A問を解いてる間にB問が読み終わっており,日本語でそれを聞いたところ,文字列式の計算と得意な構文解析でした.そのため,ささっと計算・比較の実装で通し,急いで次の問題へ.

C問もほぼ読み終わっていただいており,聞いてみるとdpか何かで探索かなと考えながら戻る条件を洗い出し,重なる範囲だけ取り出せばいいということで,そのうえN,Mの最大値も大きくなかったので重なる場所をwhileループで無くなるまでつなげるという雑な実装で無事AC.

次にD問は幾何っぽいということで飛ばし,先にF問へ.こちらはグラフのなかでコストが最小となる全域木を作った時に必ず使う辺の本数と総コストを出力するというものでしたが,さっそく問題発生,全域木の作り方を度忘れ.そこはチームの先輩が持ってきた蟻本で確認し,これで実装ができると少し最終処理に悩みつつもなんとかクリア.

このあたりで2時間半ほど経ち,解ける問題が少なくなってきたため問題の見直しを始めました.E問は英語ばかりで図がないため後回し,ほかではD問とG問が比較的解きやすそうと思われG問から見てみるもオーダーが厳しく,O(NM)の150000×300000というひどい計算量しか思いつかなかったため保留.結果残ったD問を見てみると幾何ではなく物理・数学ゲーであることが判明,すぐさま式を立てることにしました.
D問の式は単純な斜方投射落下運動の繰り返しであったため,バウンドする回数を固定すればその時の必要な射出速度が分かり,全バウンド回数に対して計算をし最小値を求めればよいと,なんだ簡単じゃないかと思いつつコーディング開始.式はすぐにできたためコードを書きながら式を確認していただき,サンプルを実行.すると,一つ目のサンプルは成功,これはできたと思いつつ2つ目のサンプルを通すと少し違う値.これは困ったと式を見直し型を確認,しかし分からない.

そうこう考えるうち30分程度は経っただろうか,先輩のアドバイスにより45度以下の投射より45度の投射の方が初速が小さいコーナーケースに気付き,すぐさま修正.これで2つ目のサンプルも通った.安心して3つ目のサンプルで確認するもこれまたWA.これだけじゃないのかと驚きつつこれまた式の確認・型の確認.別の式を立ててみるもこれも同じ答えが返ってくる.正解に近いのに違う値,またしてもどこを間違えているのか分からず,仕方がないので一つ一つ変数を出力.すると100.0/3.0 = 33.0000と出てきました.はい,私の型変換ミスでした.
とても申し訳なくなりながらそこを修正するとすべてのサンプルで正解と同じ値.これを通すもこの問題に時間と気力を使い切ったため,またその時目標にしていた5完にたどり着けたため,今回はこれでいいかと半分あきらめつつ私たちのチームは揃っておやつのあるリフレッシュルームへ行って休憩しました.ほかにも一チームリフレッシュルームにいたため,そのチームももうあきらめたのかなと思いつつおやつを食べて会場へ帰りました.
この時気付いたのですが,唯一会場にいないチームが風船だらけ,そうです,あの記号だらけのチームです,あきらめたとかじゃなくあのチームでした,その時にリフレッシュルームにいたことに合点がいきました.

とこのあたりで大会終了,この時点ではスコアボードが凍結されていたため順位はその後で知りましたが5完で20位となりました.1位のチームは先ほどの通りOperaさんのチームで,11問中10問をタイム1023(きれいな数だったのでついでに)でクリアしていました.本当に強いです.

大会後は問題解説及びJavaChallenge結果発表・授賞式とありましたが全英語スピーチで疲れもたまっていたためあまり覚えていません,すいません.

#3日目
3日目は大会の協賛企業を見学するエクスカーションが行われました.私はヤフー・ソフトフロント・KLabの三社を見学し,社員の方々と談話をしたり,オフィスを見学させていただいたりし,その後,東京駅で解散となりました.

#まとめ
3日間の大会で様々な方々との交流もあり有意義な時間となりました.今回の結果からまだ上位を目指せると思うので,来年こそはより高い順位を目指していきたいです.

BrainF**kコンパイラーっぽいもの

BrainF**kコンパイラーっぽいものを作りました。

http://ux.getuploader.com/brainf__k/download/1/brainfuck.exe

(gccが入ってないと動きません、あとwindows用です)

使い方は、ソースを書いて(拡張子は特に関係ない)

exeにぶっ込むだけです

たいしたものじゃないものですみません

ougai

学祭進捗報告:TYE

皆さんお久しぶりです.3年のTYEです.

さて,今年も学園祭の時期が近づいてまいりました.

MCCは昨年同様工学部学園祭にて自主製作ゲームの展示を行います.

でもって,私も展示に向けて鋭意ゲームを製作しているところではあるのですが,

まだ皆様にお見せするようなものがありません…

しかし今年は3年なのでさすがになにかきちんと展示したいと思っています.

いよいよゲームが間に合わないとなったらこちらも製作途中(!)の

自作シンセでも展示しようかと思っています.

(どちらかは間に合うようにします!)

DSC_9189r

 

さて,そんな展示のある(はずの)MCCブースは

11月7日(金)-11月9日(日)に開催される東京農工大学工学部学園祭に出展する予定です!

場所は工学部,小金井キャンパスです.最寄り駅は東小金井駅になります.(府中キャンパスの農学部から無料シャトルバスもあります)

小金井キャンパスのどこで展示しているかといった詳しい情報は追ってお知らせいたします.

ぜひお越しください!

学祭進捗報告:A-RISE

情工2年のA-RISEです。

本来は一昨日が期限でしたが失念していました。失礼致しました。

今更ですが一応説明しますと、来る2014/11/7(金)~11/9(日)の3日間、東京農工大学小金井キャンパスで農工祭が開催されますが、我がMCCでは毎年自作ゲームを展示しています。今までの進捗報告はゲーム展示者各位の作業状況という訳です。

さて、私の進捗状況ですが率直に言って何も無いです。よって画像も無いです。音ゲーを作ろうかなーと思っていたら3週間切ってました。正直申しあげて今からは無理なので3分ほど考えて捻り出した結果、ミニゲームをいくつか作って遊べるようにしようという結論に至りました。YouTubeのLoading画面のあのミニゲームみたいな?

報告できる事項は以上です。宣伝にならないモノで申し訳ないですが、他の人のゲーム面白そうで私も期待しているので、是非来てくださいね。

情報まとめておきます。

よろしくね☆

Panasonicさんでの工場見学

学部二年の山崎です。
一部の方は御存知かと思いますが、生協さんで取り扱われている新入生向けPCの購入者が受けられる、PC講習会は生協さんと当サークルMCCの共同で行っています。そして新入生向けPCと言えばLet’snote(正式名称はLet’sとnoteの間にスペースを含まないってWikipedia御大がおっしゃっておりました。)なわけでして、今回その関係で9月の16,17日の二日間にわたりPanasonicさんのPC関係の工場を見学させていただきました。

大学生の夏は長いからとサボっていた油断していたら既に9月は終わりかけ、9月中には更新しようなと思っていたところ一時期何故かブログにアクセスできなくなり(多分何かしら理由はあったけど雑魚なので把握できていない。なおローカルで編集する手もありましたがサボりました。)、そうこうしている内に大学が始まりその忙しさで(情報工学科2年後期は基本的に講義が少ない。)更新を忘れてしまった結果、投稿がこんなに遅くなってしまいました。大変申し訳なく思っています。

一日目

東京駅についた一行は軽く流れを確認。他大学の方たちも来ると聞いていたので、理系大学の組織部みたいな人達がたくさん集まるんだろうなって思っており、コミュニケーションの苦手な私としては中々辛いものがありましたが、どうやら早稲田大学さんだけらしく、そんなに人数がいなさそうで安心しました。その後売店で適当に昼食等を購入し新幹線へ。車内販売だったり駅弁はお高いですね。ちなみに私は近所のコンビニで購入済みでした。新幹線内では特に面白いことも起きず、途中で昼食を済ませた後、神戸に到着。新幹線なんて久しく使っていなかったんですが最近じゃWi-Fi使えるんですね。新神戸駅からは地下鉄?で移動しました。Suica使えます。券売機にはICOCAと何かしかチャージ出来ないと表示がありましたがチャージも出来ます。便利な世の中になりましたね。

待ち合わせの駅につくと引率の生協の方の知り合いと思われる人が何人かおられて、他の人達は食事に行ったとのことで全員揃うまでしばらく待機しました。この時点で私が思ったのは女性率の高さですね。パソコンの工場の見学ですからてっきり男だらけになるんだろうなって思ってたんですが割とそうでもありませんでした。駅からタクシーで工場へ移動した後は、いよいよ工場見学の始まりです。

初めにPanasonicさんのパソコン事業と工場についての説明を聞き、内部の見学に入ります。内部について詳細には語れないんですが、耐久度等のテストやパソコン生産の流れを見せていただき、こだわって作られているんだなというのが伝わってきました。[panasonic パソコン 工場]などでググると神戸工場案内の案内が出ると思うのでそちらならば画像付きである程度詳細に見ることが出来ると思います。その後、初めに説明を受けた部屋に戻り、偉い方々数名と軽いディスカッションをしましたが、流石に緊張してしまいあまり発言することが出来ず残念でした。

工場見学初日の終了後は懇親会が行われました。お酒が入っていたので中々賑やかになり、楽しく懇親会できたかと思います。単に交流だけでなく、ディスカッションの時にしづらかった少ししょうもない質問も聞くことが出来たので良かったと思います。

二日目

起床後朝食をとり、早稲田の人たちとの待ち合わせ場所へ。四時に寝たので流石に眠かったですね。三ノ宮駅というところだったんですが金の鈴なる待ち合わせスポット?が存在し、初日の東京駅での集合場所が銀の鈴広場だったのでグレードアップしました。その後、電車でPanasonic本社の近くの西三荘駅へ。余談ですがPanasonic本社のすごく近くに大阪電気通信大学があるらしいですね。都内の電気通信大学とはなんら関係無いと思います。また余談になりますが電気通信大学とは単位互換制度なるものがあるので興味がある農工大生は利用しましょう。

話を戻しまして、初めに敷地内の建物の一室でこちらの工場についての説明を指定いただいた後、修理風景を見学しました。パソコンといえば今では多くの人が持っており、修理も毎日すごい量行っていると思っていたので中々修理風景をイメージできなかったんですが、意外に小規模で驚きました。まあそれもそのはずでPanasonicさんのパソコンは耐久度が高いため修理が他社とくらべて少ないとのこと。初日の見学もあり納得でした。その後社員さん用の食堂で昼食をいただいた後、元の部屋に戻り社員さんと座談会をしました。色々な部署の方と工場見学についてだけでなく様々なお話をさせていただき、非常に勉強になりました。最後に学生から感想を伝え、工場のすぐ近くにある松下幸之助歴史館の見学に行きました。パソコン関係のものはあまりありませんでしたが、昔の家電が見られるのでそういうのが好きな人は楽しめると思います。こうして見学会は終了し、何事もなく東京に戻り全日程が終了しました。

とまあこういった具合で、工場見学レポートは終了となります。冗長で無駄が多い文章になってる気がしますがご了承ください。今後もこういったお話がある可能性はあると思うので(個人の感想です)、興味のある農工大志望の方は是非MCC、よろしくお願いします。

最後になりますが今回お世話になったPanasonicの方、生協の方、本当にありがとうございました。

 

進捗報告-森(オウガイ)

少し遅れました、物理システム1年の森(オウガイ)です。
何とか部誌も書き上げることが出来ました。(だいぶ遅れた)
他にも色々サークルに入っているためなかなかゲームは手をつけられずに居ます。

僕はルービックキューブのようなパズルゲームを展示しようと思っています。
ただ、ルールはルービックキューブではないので楽しいかどうかは保証出来ません。

あと、戦略ゲーム的なゲームも作っています
こっちは時間的に作れるかどうか…

もしよろしければ、僕の部誌の方もご一読されてみてはいかがでしょうか。
では、学園祭で。

PN西木夕の進捗報告

すみません一日遅れました。二年西木夕と申します。

さてさて、私ですが学園祭では立体四目というゲームを出展したいと思っております。

立体四目とは、格好良く言い換えると三次元四目並べです。詳しい説明は省きますが、黒と白に分かれて交互に球を置き、相手より先に一直線に四つ並べた側の勝利というシンプルながらも奥深いゲームです。

そんな立体四目をC言語で実装してみました。がしかし、立体表示させるなどという高度な技術を持っているはずもない僕は立体だというのに平面上にさいげんしているんで、如何せん見辛いんですよね。プレイヤーは空間把握能力が問われることとなるでしょう。それはそれで面白いとも思いますが。

何を言っているかさっぱりという方は立体四目で検索してみてください。少しは理解が深まるかと思います。

それではではではこれにて失礼をば。